歯周病治療

写真

歯周病は、知らないうちに歯茎の骨がなくなる病気です。

歯の表面に歯垢(プラーク)が付着し、その中にいる歯周病菌によって歯茎の下の骨を溶かしたり、歯茎を腫れさせたりすることで進行していきます。

このように、主な原因はプラークですが喫煙や糖尿病などの生活習慣や全身疾患によっても進行を早めたり、悪化させるということが分かっています。

また抜けた歯をそのままにしている人や、噛みあわせが不安定な人、強い食いしばりをする人も歯周病が進行しやすい傾向にあります。

歯周病のチェック

歯磨きなどで歯茎から血が出る

口臭がある

口の中が粘つく・すっきりしない

歯茎が赤くなっている・はれている

歯がぐらぐらしていて抜けそう

糖尿病である・または軽度でもそのような症状がある

歯周病の原因

歯垢(プラーク)・歯石・タバコ・歯並び、詰め物、かぶせ物の不適合 糖尿病 歯ぎしり・食いしばり

歯周病の治療について

  • 1ブラッシング指導

まず歯の磨き方を指導します。

歯の磨き方により、歯茎から鍛え、健康的なピンクの歯茎にし、しっかりとした土台を日常生活で作っていきます。

  • 2歯石除去

歯石はプラークが唾液のカルシウムで固まってしまったもので歯ブラシでは取れません。そのため、衛生士が歯石を取り除きます。歯石が歯茎の奥や溝の深いところにある場合は、麻酔をして取る場合もあります。

  • 3かぶせ物や詰め物の適合

治療済みのかぶせ物や、詰め物が適合しているかどうかチェックをし、必要であれば適合のための治療を開始します。

歯周病は、定期的なメインテナンスと予防が大切です。日常生活ではきちんとしたブラッシングを、歯科医院では衛生士による定期健診をおすすめいたします。