義歯・入れ歯

ブリッジ

ブリッジとは、歯が抜けてしまった場合に両隣の歯を削って土台にし、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復するものです。その様が橋を架けるのに似ているので「ブリッジ」と呼ばれています。部位、或いは使用する材料により、保険が適用できない場合があります。ブリッジが力学的に無理な場合はインプラント等で土台を増やして作ったり、部分入れ歯にしたりします。或いは両方の土台をインプラントで作りここにブリッジを作る場合もあります。

インプラントはこちら

部分入れ歯

金属床部分義歯

歯が抜けてしまい、ブリッジの適応とならない場合は、部分入れ歯による治療になります。保険治療の場合には金属の「クラスプ」が付いたタイプの部分入れ歯しかありませんが、保険外治療の場合には入れ歯をそのまま伸ばして歯にかけるノンクラスプデンチャーやクラスプを使用しないコーヌス部分義歯ものなどがあります。

総入れ歯

歯が1本も残っていない場合は総入れ歯による治療になります。保険外の総入れ歯には様々なタイプのものがあります。また、骨の状態によってはインプラントやインプラント義歯などが可能となる場合もあります。

金属床の総義歯(自費)

レジン床の総義歯(保険)

インプラントはこちら

症例紹介

ノンクラスプ義歯

保健の義歯

総義歯はフルバランスで作っています

その他の症例は、こちら