インプラント

インプラント

失った歯の代わりに顎の骨の中に金属のネジ(人工歯根)を植え込み、その上に被せ物を取り付ける治療です。

メリット

自分の歯のように噛める。

ブリッジや入れ歯とは違い、隣の歯を削ったりバネをかける必要がない。

見た目がほとんど自分の歯と同じ。

デメリット

外科手術が必要であるので、全身疾患等で適応にならない場合がある。

保険適用外である。

歯牙移植

歯牙移植とは、歯がなくなってしまったところに、違うところに生えていた歯をもってくる治療方法です。使用する歯は、かみ合わせに関っていない親知らずや、歯並びから外れていて、かみ合わせに関っていない歯を使用します。単独で利用したり、ブリッジの一部に使用します。

メリット

人工物でなく自分自身の歯を使用することができる。

本来の歯のように歯茎が移植歯の周りに付きます。

費用はインプラントのように高価ではありません。

デメリット

インプラントの様に決まった大きさでないので(移植歯は移植の時に抜歯します)植える顎に合わない場合があります。(事前に検査はしますが、抜いてみて予想と違う事があります。)

抜歯と移植と外科手術を同時におこないますので、患者さんの負担はあります。

ある意味インプラントの様な確実性を在る程度保障できない(同じ様に移植手術をしても、うまく生着しない事があるためです。初期の失敗は1~2週間のあいだではっきりします。)

症例紹介

移植前

移植前右下奥歯

移植前のレントゲン写真

移植直後~4ヶ月

移植直後

移植4ヶ月後

ブリッジ

移植歯を歯台にしたブリッジ

移植歯支台のブリッジ

インプラントを利用した総義歯

義歯・入れ歯はこちら

その他の症例はこちら